マークのタイガース観戦記

Markのタイガース観戦記 6月6日vsブァッファローズ京セラドーム


                  タイガース       vs       ブァッファローズ

                     秋山                          金子

                      11                             4


金子粉砕!

やっぱりブァッファローズの連勝を止めたのはタイガース!

こういう事をやるのは いつもタイガース!

今日の秋山 初回に2失点するも 8回まで投げて12か13安打打たれながら

2失点で5勝目


打っては3回2アウト2塁から上本タイムリー

高山タイムリー

原口タイムリー

そしてランナー2人置いて 鳥谷 3ランホームラン!

これで6ー2

この3ランが勝負を決しましたね

そのあとも6回に5得点 結果は11ー4


9回に出て来たアホの松田が2失点

ほんと こいつは使えませんね

ほんと アホ丸出しですよ

とにかくこのバカ 出てきたらいつも失点

ベンチの中では大勝してるにも関わらず

金本 それにピッチングコーチの香田が苦虫潰したようなしかめ面

このバカ またベンチの信頼を失いましたね

まあ2,3点取られても 勝ちパターンのリリーフを使いたくなかったのでしょうが

こういうバカだから 負け試合やこういうシュチエーションでしか

使ってもらえないのですよ


まあとにかく金子がくるという事で

少々心配しましたが

全くの取り越し苦労でした


やっぱり鳥谷の3ラン

これにつきます


あっ晴れ  鳥谷!
 

Markのタイガース観戦記 6月4日vsファイターズ甲子園球場


                ファイターズ       vs        タイガース

                   村田                            小野

                     3                               4


11回 サヨナラ勝ちでした

その前に 9回にも一つのドラマがありました

3ー1ファイターズのクローザー増井が三者続けて4ボール

ノーアウト満塁のピンチ で糸原 セカンドゴロのアウトの間に

サード福留が還り3ー2  ゲッツー取れず1アウト1,3塁

ネクスト梅野の所で代打原口がピッチャー返しのセンターへ抜けるタイムリーで

3ー3と土壇場で同点に追いつくも 後続倒れ延長戦へ


10回11回とファイターズ無得点で 11回の裏 タイガースの攻撃

先頭打者 大和 4ボールで出塁  続く鳥谷バント しかしキャッチャー前

セカンドへ送球するも 悪送球でセーフ これでノーアウト1,2塁

そして北條がバント しかしピッチャーサードへ  完全に大和の足が先にベースへ入っていたが

審判 アウトと判定 金本激怒! そら激怒するわ

余談ですが  本当に最近の審判はボケたのが多いですね

アウトとセーフの見分け判定 そしてピッチャーのストライクとボールの判定も

ろくにできないピンボケ審判が多すぎますよ

という所で 1アウト1,2塁となり ネクスト原口

初球を打ちショートへ転がった打球 あわやゲッツー  かと思われた

ところがショートがセカンドへ送球した球をセカンドが落球!

こんな事が起こるんですね  ほんと野球って最後の最後までわからないものです

1アウト満塁  ファイターズ絶体絶命のピンチ

打ち取るには2者三振かゲッツーしか選択肢はありません

そして昨日のヒーロー  岡崎にまわってくるんです

そして12球粘りに粘っての13球目  やや低めの外よりのストレートを引っ張り

サード レアードのグラブをかすめ  サヨナラタイムリーでサヨナラ勝ち!

と まあこんな結末でした。


めでたしめでたし。

Markのタイガース観戦記 6月3日vsファイターズ甲子園球場


                ファイターズ       vs        タイガース

                  メンドーサ                         青柳

                      2                               4


ほんま   おもろない交流戦   とにかく今年でやめてもらいたいものです

こんなもん どこにやる意味があるのか!

ネットのスポーツニュースでも  セリーグ側は本当はすぐにでも

やめたいらしい  一番の要因は全く利益率が悪すぎて

パリーグ側に儲けさせているだけらしい

それとやっぱり 全く野球の内容が違いすぎて まともなゲームが成立しない

例えば  セリーグのピッチャーは変化球主体でピッチングを組み立て

かたやパリーグのピッチャーは ストレート主体でピッチングを組み立てる

だからパリーグのバッターは速いストレートに合わせて

バッティングしてくる  セリーグはどちらかというと ストレートは見せ球

ストライク及び打ち取るのは 変化球が主体

だからパリーグの打者は 変化球を捨てストレートに合わせてくる

それにDH これもやはりパリーグが勝ってばかりいる要因

セリーグもパリーグホームではDHでゲームをしますが

このDHといっても パリーグとセリーグでは根本的に違いがあるのです

それは パリーグのDH打者はDH専門のいわばその道のプロ

セリーグの場合 DHで出てくる打者はその道のプロではありません

やはり打って守って走ってその流れの中でバッティングするので

いきなりDHで打て と言ってもなかなか結果は出ません

要するに 同じ野球でありながら 非なる物なのです

こんなもん 何のためにやる必要があるのでしょう

パリーグはパリーグだけで いつもガラガラの球場でやってたら良いのです

僕ははっきり言って 交流戦大反対派です

一年のゲームの流れがグチャグチャになってしまうだけです

やっているセリーグの選手も声を大にして言う事はないでしょうが

腹の底では こんなもんサッサとやめて欲しい と思っているはずです


金は持っていかれる  ペナントの流れはグチャグチャにされてしまう

セリーグ側にしてみれば やらずぼったくり とはこの事ですよ

                                                        以上。

今日の結果は

2ー4でタイガースの勝ち

内容を知りたい人はスポーツニュースでも見てください

全くおもろないゲームでした。

2011年のブログ

2011年のブログ
↑↑こちらをクリック↑↑

  • ライブドアブログ