マークのタイガース観戦記

Markのタイガース観戦記 5月21日vsスワローズ神宮球場


               タイガース       vs        スワローズ

                  小野                           星       
                    5                             4


今季ドラフト2位どうしの投げ合い

まあ 結論的には どっちもどっちというところ

小野は 2回に雄平ヒットのあと バレンティンに2ランホームランを被弾

そして星は3回に高山 上本にそれぞれソロホームランを被弾

そのあと 小野は坂口にソロホームランを被弾

そのあと 5回に山田にタイムリーを打たれ5回3分の1 4失点で降板

そのあとを桑原に委ねる事に


星の方は 7回突入 先頭を打ち取るものの

次のキャンベルに4ボール そして代打伊東に1塁線を抜く2塁打を打たれ

結果的に2,3塁とされ ここで降板

リリーフに出てきたのはルーキ  高山にピッチャー頭上を越すタイムリー内野安打を

打たれ3ー4 そして続く上本にもショート深めの これもタイムリー内野安打

これで4ー4の同点   結果的に両者とも4失点

しかしドラマはここからです


次は このところ全く打てなくなった糸井がファーストゴロのあいだに

2アウト2,3塁 ここで これまた最近全く当たりのない4番福留

それでも やはり怖いバッターである事には変わりなし

ベンチは敬遠で歩かしを選ぶ  が   ここに大きな落とし穴が

キャッチャーの中村が立って横に外れ 投球を始める

初球は難なくキャッチャーミットに 

そして2球目やや山なりで中村ジャンプしてキャッチ 

ここで僕は とても危なっかしいと感じ 何かが起こりそうな予感

そして投じられた3球目 またも山なり と思った瞬間

さっきよりもまだ高いボールが中村のミットをかすめ

バックネットへ 大暴投  一気にサードの高山がホームに還り

5ー4 ついに逆転 といっても全く戴いた1点

しかし勝ち越しは勝ち越し

そして7回は岩崎 ランナー1人出すものの キッチリと無失点

そして8回はマテオが ここはキッチリと三者凡退

そしていよいよ1点差で ラストクローザー ドリス登場

先頭打者のピッチャーゴロを取り損ねノーアウト1塁

そして次の打者の打ち上げたバントのボールを取り損ね

ノーアウトランナー1,2塁 そしてバントで1アウト2,3塁

そして代打大松に4ボール   これで1アウト満塁の絶体絶命の大ピンチ

そして次に出て来たのが 最近当たりが出てきた  山田

もうスワローズベンチは 選手が全員 逆転を確信したかのようなお祭り騒ぎ

しかしあっさり2ストライクと追い込まれるものの

ホームラン性の大ファールを打たれ 冷やっとさせられるも

1ボール2ストライクから投じられたインコースの胸元への抜けたスライダーに

思わず手が出てしまい 空振り三振!   これで2アウト満塁

ここで梅野がすかさずドリスのもとへ行き 何やら二言三言交わし

4番 雄平  初球インコースへのストレートで1ストライク

そして2球目もインコースへのストレート これを雄平ファール

これで2ストライク!

そして3球目もインコースへの156キロのストレート

空振り三振!    試合終了!


しかしこのピンチで打ち取りもとったり

ほんと梅野は成長したと思います

度胸が座った というか やはり使い続けてもらっている成果が

やはりこういう所で出ました

それにドリス あれだけのピンチを自作自演しながら

1アウト満塁から二者連続空振り三振に仕留められる この強いメンタル

素晴らしいと言う以外 言葉がありません


結果的に今週は3勝3敗の5割に終わりました

カープが3連敗したため

結局 週の初めの2.5ゲーム差の元の位置


ただ やはり心配なのは3,4番の糸井 福留にバテがみえ

全く機能しなくなっている事です

糸井においては20打席ヒットなし

かなり深刻な状態です

福留も同じような有様

明後日からのジャイアンツ戦 ジャイアンツの方は

坂本 阿部 マギーのクリーンナップが機能してきているのに対し

こちらはクリーンナップが全く機能不全

ましてや初戦の相手は菅野

こちらは秋山  やはり ある程度の援護点がないと

秋山もアップアップするでしょう

しかし こんな打線の状態では あまりそれは望めないでしょう

どこまで秋山が頑張り粘れるか ですが.........


今の打線のというより 今のクリーンナップの状態では

仮に負けたとしても 秋山の責任ではないと思います


なぜ これほどまでに糸井が打てなくなったのか

それは いとも簡単な事です

糸井はパリーグの日ハム オリックス どちらもドーム球場

真夏でもクーラーの効いた 涼しい環境でプレーしてきています

ところがセリーグに来て それもホームは野外の甲子園

ましてや 最近の30度を超える暑さ 年齢も36才

身体がついていかないのでしょう

打席で顔がアップになっても 全く精彩のないやつれた顔

どこが超人やねん!

ただの暑さにへばったおっさんですよ


これは  ただ僕の個人的な意見ですが 僕は糸井の獲得には

非常に疑問を持っていました 年齢的にも人間的にも

年齢はもはや36才と高齢で 人間的には

日ハム オリックスと通して 非常にムラのあるタイプ

どちらかといえば 協調性のないタイプです

僕は同じフリーエージェントになった ドラゴンズの大島洋平を

高く評価していました  確かに大島は糸井のようにスター性はありませんが

非常に堅実で しっかりしたセンターの守備

そして派手さはありませんが 毎年3割近く打つ これまた堅実なバッティング技術

そして何より まだ31才という これから油の乗り切る年齢

はっきり言って タイガースは獲る選手を間違えたと思います

このままガタガタと行けば 問題の中心選手は

間違いなく   糸井です

野手は守って走って打ってなんぼのもんです

スター性など 何の意味もありません

その三原則こそが 評価の一番大事な部分なのです

これからもっと暑くなっていくのに 今頃ばててるようなおっさんに

はたして  この先はあるのか?
 

Markのタイガース観戦記 5月17日vsドラゴンズ甲子園球場

                  

                ドラゴンズ        vs          タイガース

                バルデス                            能見

                    1                                  2


ヒット3本での勝利です

一本は5回裏の原口のホームラン

もう一本は 誰が打ったか覚えていません

もう一本は 代走荒木を2塁に置き代打高山

バルデスの初球のストレートをセンターへ

打球はグングン伸び センター大島の頭上を超える

タイムリー2ベース       これだけです

そして9回ドリス 1アウト2,3塁とピンチを迎えるも

松井がバントを上げてしまい ファーストフライで2アウト

ドラゴンズとしてみれば 最大の同点もしくは勝ち越しの

チャンスでしたが   こうなってしまうんですよね

そして代打高橋が空振り三振で ゲームセット


しかし ヒット3本での勝利というのもあまりというか

はっきり言って見た事ないですね

まあ これも今のチーム状況がこうさすのでしょうか......


ところで今日の能見ですが 初回から飛ばしていました

球の切れといい  コントロールといい 申し分なしでした

能見の生命線のインコースのストレートも決まりまくっていました

5回に原口のホームランでとりあえず勝ち投手の権利を

そして6回もキッチリと閉めたものの

結局7回に捕まってしまい 同点にされてしまいます

確かに今日の能見 4~5年前の頃のピッチングに値するようなピッチングでした

しかし僕は思いますが あの頃の能見なら完封してしまうぐらいの勢いでしたが

やはり問題はスタミナです

去年ぐらいから 5,6回ぐらいまではスッといくんですが

7回あたりで崩れるんです

はっきり言って 能見は6回肩です

今日も結果はわかりませんが 6回でスパッと替えても良かったと思いますね

なんせ以降のリリーフが非常に状態が良いので 僕は替えるべきというか

能見は最初から6回に と決めて登板さすべきだと思います

その方が 能見自身も割り切って目一杯のピッチングができると思います

金本さんどうでしょうか   その方が能見のためになると思いますがね


しかし ドラゴンズのバルデス たった3安打で負け投手とはね

なんと運のないピッチャーなんでしょうね


それにしても

ほんま おもろないゲームでした。
 

Markのタイガース観戦記 5月16日vsドラゴンズ甲子園球場


                    ドラゴンズ        vs         タイガース

                      鈴木                              秋山

                        1                                 8


秋山がやりました!

9回1失点12奪三振  の完投勝利!

そして打っては初回 大和が4ボール 糸井のファーストゴロを

ビシエドがトンネルで1アウト1,2塁

福留が空振りの隙に二者がWスチール 福留倒れ 続く中谷

2ボール1ストライクから やや中に入って来たスライダーを

フルスイング しかしファール

そして次の球 今度はさっきより甘め そしてフルスイング

レフトへ3ランホームラン!

僕もけっこう長年野球を見てきてますが フルスイングでホームラン性のファール

を打って そのすぐあとにホームランを打ったのを初めて見ました

たいがいの場合 凡打してしまうもんですが

ものの見事な3ランホームランでした 中谷あっ晴れ!

しかし中谷 甘めに入ってくる球は確実に仕留めるようになってきました


そのあと秋山 バッタバッタと三振を獲りながら押さえ込んでいきます

しかし5回2アウトからポテンヒットが2塁打となり

続く荒木にもポテンヒットを打たれ1失点


そして5回裏 鈴木2アウトから福留4ボール

中谷に対しても4ボール ここでピッチャー交代

左のアラウホというのが出てきます

まあどっちかと言うと パワーピッチャーの部類ですね

ところがこのアラウホ 鳥谷にも4ボール

3つの4ボールで2アウト満塁

ここでルーキーの僕の一押し 糸原  2ストライク1ボールからの

外へのストレートを踏み込んで 前進守備のレフトの頭を超えていく

走者一掃の3点タイムリー2ベースヒット!

これで1ー6  秋山も のちのインタビューで

「よし これで今日は完投してやろう」と思ったそうです


その言葉どおり そのあとも全く危な気ないピッチング

6回2アウトから大和が4ボール

そして今日良いところのなかった糸井が

3ボール1ストライクからの ど真ん中に来た低めの球を思い切り引っ張り

ライトへ2ランホームラン!

1ー8 これで勝負あり!


そのあとも秋山 全く乱れる事なく7,8回と抑え

いよいよ9回 先頭のビシエドの右方向の大飛球をフェンスギリギリで

ファーストからセンターへコンバートしていた中谷が

ギリギリでキャッチで1アウト

続く平田にヒットを打たれるも 続くゲレーロ

レフトへ引っ張った打球を これもフェンスギリギリで高山が

ファインプレーキャッチ 1塁の平田は抜けたと思い セカンドを超えるところまで

走っていたため 高山からショート大和へ渡り

大和からファーストへ もちろん平田戻れずゲッツーで


試合終了!


今季初の先発ピッチャーの完投勝利となりました

しかし今年の秋山は 本当に良くなりました

去年までの秋山だと 5回荒木にタイムリーを打たれたあたりで

ガタガタと崩れていくというような事がありましたが

今年の秋山は崩れません

メンタルももちろん 強くなっていますが

ピッチングでも やはり何かつかんだように感じます

デッドボールを1つ与えましたが 4ボールは一つも与えていません


いや 今日は本当に見応えのある面白いゲームでした


明日は  能見vsバルデスの両左腕の対決です


能見さん しっかり右打者のインコースのストレートをビシッと決めて下さい。

2011年のブログ

2011年のブログ
↑↑こちらをクリック↑↑

  • ライブドアブログ