マークのタイガース観戦記

Markのタイガース観戦記 5月6日vsカープ甲子園球場


                             カープ           vs            タイガース

                               岡田                                福永

                                 9                                     12


いや   もうほんと 久々にすごいゲームを見させて頂きました

昨日のゲーム自体も 4ー0から4ー8の逆転勝ちの素晴らしいゲームでしたが

いや今日のゲームは その遥か上をいくゲームでした


なんせ先発のルーキー福永  4回までに6失点

全くもってカープ打線に歯が立たず

そのあとを受けた松田も全く歯が立たず 6失点

この時点で 5回終わって9ー0ですよ

こんなゲーム 誰が逆転すると思います?

勝つためには あと4イニングで10点以上取らなければならない

常識で考えれば3~4点は取れても 逆転なんてとんでもない話です


しかしそれをやってしまったんです

5回に1点返し

そして怒涛の攻撃が始まったのは6回からです

この点差だったのでビデオを途中で切ったので

細かく詳しくは書けませんが

少しおかしくなってきた岡田の四死球などやパスボールなどで

9ー5まで詰め寄り そして2アウト満塁で高山

2ストライクと追い込まれながらも 高めのインコースの球を思いっきり引っ張り

走者一掃のタイムリー3ベースで   8ー9  まで追い上げます

そして7回 ランナー1,2塁で鳥谷のセカンドゴロをセカンドが弾き 後方へ

それを見た2塁の江越が一気にホームヘクロスプレーでいったん

アンパイアはセーフとするものの ビデオ判定になり

約15分後 判定覆り アウト

2アウト1,2塁となり ほぼここで終えたかと思ったところ

次の糸原が1,2塁間を抜くヒットで 2塁の中谷激走

ここもホームクロスプレーとなったが 今回は本物のセーフ!

これでついに9ー9の同点

そして前日の勝負の立役者 梅野

ランナー1,2塁 ピッチャーの投げたその初球

反対方向へ右中間を抜く 2点タイムリー3ベースヒット!

9ー11  ついに逆転!


そのあと8回裏にも1点追加し

ラストはドリスが締めて

9ー12の大どんでん返し逆転勝ち‼


カープのベンチ陣もあっけにとられた事でしょう

普通に考えて 5回までに9ー0から逆転されるなどと 夢にも思わなかった事でしょう

今年逆転のカープと言われ 5,6点取られても余裕で

逆転勝ちを収めてきたカープが

昨日 今日と 自分たちのお株を奪われるような2日続けての逆転負け

そこは結局 今日の松田は別として

勝ちパターンになった時のリリーフ陣が

タイガースの方が一枚上手だという事です

結局昨日にしても今日にしても カープは勝ちパターンでのリリーフピッチャーが

完璧にタイガース打線に打ち崩された という事です

これはキツイですよ カープにとってみれば

この2試合だけ見れば タイガースの方は

昨日 今日と勝ちパターンで出てくる

高橋 マテオ ドリスがランナーを出しても崩れず

キッチリ無失点でカープ打線を押さえ込んでるからです


まあ とにもかくにも 近年まれに見る 1年に一度あるかないかの凄いゲームでした


大したホームランバッターがいるわけでもなく

ほとんど若手のチーム構成のチームが

こんな事やってしまうんですね


ご立派でした。
 

Markのタイガース観戦記 5月4日vsスワローズ神宮球場


                              タイガース       vs        スワローズ

                                   藤波                            石川 

                                     7                                  1


お久しぶりです

昨日のゲームは 見ていた人は知ってるでしょうが

1ー5で迎えた8回 マテオがエラーやらパスボールなどで4ー5と

首の皮一枚のところでなんとか8回を乗り切り その後9回に

またまた3点奪取し 結果的に8ー4で勝ちました

ちなみにスワローズの4得点は 言っときますが1点も
タイムリーで奪取したものではあ
りません
全てタイガースサイドのエラーや押し出しなどで

まあ 言ってみれば実力で奪取したものではありませんでした


そして今日 結果は見てのとおり7ー1 15安打 そこには

梅野の今シーズン初のホームラン そして中谷のソロホームラン

そして福留の2ランホームラン!で石川を完璧攻略成功!


大量得点に守られながらの藤波のピッチング

そうそう 5回には藤波もタイムリーを打ってるんですよ


それでも8回3分の1を投げ 7四死球 相変わらずですね

しかし要所要所では しっかり抑え込むなかなかのピッチングでしたよ

それというのも スワローズの右打者が藤波の抜け球を怖がって

踏み込んでこれない すなわちバッティングにならない状態

3本ヒットを打たれましたが 全て左の雄平だけ


バレンティンなんかは やっぱり抜けてくるのが怖いのか

全打席重心が開きっぱなしで あれでは打つのは絶対無理です

でも右打者のインコースの抜け球 あれは強力な武器ですね

解説の谷繁も同じ事を言ってました


「梅野は上手にこの抜け球をわざと投げさして 打者に踏み込めないように

していますね」    やっぱりこのインコース抜け球は武器なんですよ

そら   顔の目の前を150キロのボールが来たら

そら打者は踏み込んでいけませんよね


という事で スワローズ戦 勝ち越しました

明日から甲子園でのカープとの3連戦

気合いを入れて


頑張って下さい。
 

Markのタイガース観戦記 4月28日vsドラゴンズ甲子園球場


                           ドラゴンズ         vs          タイガース

                                大野                        メッセンジャー

                                  0                                     6


しばらく配信しないつもりでしたが

久々に爽やかな勝利ゲームだったのでちょっと ちょっとです


今日は4勝目をかけた登板のメッセンジャーでしたが

今日もなかなかの快投でした

それと梅野が2度の盗塁を刺して メッセンジャーを助けるなど

7回無失点と キッチリドラゴンズ打線を抑え込みました


打つ方も この得点をご覧のとおりよく打ちました

今日の先制点は 昨日からスタメンでついに登場のキャンベル

これがなかなかのものなんですね

昨日も2安打1打点としっかり活躍

今日も2安打1打点 それもしっかり手元まで呼び込んでの逆方向へのタイムリー!

なんか ちょっとマートンを彷彿さすような 右にも左にも打てる

どちらかと言うと アベレージヒッターという感じですかね


そしてそのあと 頭からっぼの中谷がホームラン

7回には上本のタイムリー そして糸井の2点タイムリーで合計6得点


8回桑原9回藤川が出てきましたが

先頭大島のピッチャー強襲の球を右手に受け降板

あとは松田が引き継ぎ キッチリ2人を抑えゲームセット


ちょっと打線も復調気味です

天敵大野から6点もぎ取ったのは 初めてじゃないですかね

明日もサウスポーの早投げバルデス

とにかく相手のペースに合わせず

自分たちの間で 打席に立ってほしいですね。
 

2011年のブログ

2011年のブログ
↑↑こちらをクリック↑↑

  • ライブドアブログ