2014年04月

Markのタイガース観戦記 4月24日 vsドラゴンズ 名古屋ドーム


                          タイガース         vs         ドラゴンズ
                             岩崎                                岡田
                               3                                    0

ルーキー岩崎 素晴らしいピッチングでした
7回投げて無失点 毎回ピンチを迎えるものの
全てシャットアウト!
とにかくどれだけピンチを迎えようと 全く表情を変えることなく
淡々と投げ込んでいく! 抑えていく!
全くルーキーとは思えない精神力です
それと今日のキャッチャー 鶴岡
彼のリードは 今いるキャッチャーの中で1番バランスが取れていますね
上下の揺さぶり インコース アウトコースの使い方
相手打者に 的を絞らせない配球のバランスが見事でした

昨日のルーキー梅野にしても 藤井にしても ここ一番で配球を読まれてしまう
バランスの悪さで いつもやられてしまいますよね
今日は6回にマートンがタイムリーで1点先制しましたが
投げているピッチャー 受けているキャッチャーにとって
実はこの1点差ゲームというのは とてもプレッシャーの掛かるものなんです
この1点を守りに入ると 必ずと言って良いほどやられてしまうものなんです
しかし このあと 6回7回とピンチを迎えようと このバッテリーは
攻め続けました だから7回無失点と好投出来たんでしょうね
先発ピッチャーとしては100点です
先発ピッチャーは どれだけ打たれようがピンチを迎えようが
絶対に先制点を与えないのが仕事です
それをルーキーで ましてドラフト6位のピッチャーがやってのけるのですから
たいしたもんですよ

僕も簡単に どれだけ打たれようがピンチを迎えようが先制点を与えないのが
先発ピッチャーの仕事 とは書いていますが
ほんとは そんな簡単にできる事ではないんですよ
技術的にも 肉体的にも そして精神的にも 自分のローテーションが
回って来るあいだ ずっと維持し 自分が先発する日
その日にMAXで出ていける状態を 自分自身で作り上げなければならない
ほんとなかなかできる事ではないですよね
しかし 勝ち星を積み上げていけるピッチャーは
そのあたりのことを常にシッカリ維持出来る人なんでしょうね
こうしてみると ピッチャーという仕事は マウンドで投げている時よりも
自分の出番が来るまでの準備段階のほうが 仕事としては
比重が重いのかも知れませんね

それと マートンに復調の兆しが見えてきました
昨日も今日も当たりが出始めました
今日は渋い場面で いき詰まる展開の場面でキッチリ先制のタイムリー
明日以降に期待が持てる一打でした

これでドラゴンズ戦を勝ち越しとしました
明日らはベイスターズとの3連戦
打力ではタイガースに負けず劣らずです
明日の先発は
タイガースが 能見
ベイスターズが 三嶋
能見は今のところ3連勝
はてさて 明日はどちらの投手に
勝利の女神は微笑むのでしょうね。

Markのタイガース観戦記 4月23日 vsドラゴンズ 名古屋ドーム


                           タイガース        vs        ドラゴンズ
                        メッセンジャー                    川上
                                 1                                4

今日の1番の戦犯は 何といっても 元バッティングコーチと福留
メッセンジャーと川上の投げ合いの中
やっとの思いで作った5回1アウト満塁
絶対に代打が出てくると思っていたら
そのまま 1割打者の福留がそのまま打席へ

しかし 一体全体 この元バッティングコーチはこの選手生命の終わり切ってる こんなポンコツに
何を求めているんですかね 常識的に言って このポンコツは
1軍にいること自体が と言うより 現役の選手としていること自体が不思議なぐらいの
もう完全に終わり切ってることを 誰も口に出しては言いませんが
みんなわかってることです
どれだけチャンスをもらっても 見逃し三振か 内野フライしか打てない
この回も キッチリ内野フライ  
このポンコツの次は ルーキー梅野 こんなもんが打てるわけがないです
この前の打者がタイムリーを打っていればまだしも
こんなまだチンチンに毛も生えてないような僕ちゃんに2アウト満塁で
タイムリーを打てと言っても それはプププノプーですよ
1アウト満塁のあの場面だけが突破口を開く大チャンスだったのですよ

4ー1 の1点 誰が打ったと思います?
9回代打で出てきた 良太のホームランですよ!
出す番を完全に間違ってますよね
野球というスポーツは確率のスポーツです
もう選手生命の火が消えつつある1割打者 福留と
今のところノリに乗っている 3割打者の 良太
常識的に考えたとき こんな場面 どちらを使います?
だからアホだと言うのです
ベンチの誰がアホなんでしょうね
そんな事はわかり切ってます

元バッティングコーチをやってた人が
今の福留の状態がどれほどのモノなのか 見極めることも出来ないのです
昨日も言いましたよね 勝負というのは「ここで福留が打ってくれたらな〜」
などという 希望的観測で挑むと 絶対にこういう結果に終わってしまうのです
言い換えれば これはチームの私物化とも言えますよね
希望的観測でやってるということは そう取られても仕方ないですよ
やはり 「ここは勝負」という場面でカードを切れず
そのまま ポンコツロートルをそのまま打席へ行かせる ということは
チームの私物化 もしくは 福留に何か都合の悪いことを握られていて
自分を使わないと 何かを暴露するぞと脅されているか
常識的に考えたら それぐらいしか思いつかないです 普通の監督なら絶対に代打です
皆さんはどう思うますか?

まあこの元バッティングコーチの どアホが 勝負を分けるような場面で
絶対に 的確な采配をしたところを見たことがありません
それはピッチャーの場面でも 打者の場面でもです
こういう采配が勝負を決めるような場面で 的確な采配をして
勝利に導いた試合は1試合も見たことがないですね
全部外れ
要は この元バッティングコーチの どアホ
ベンチの中にいても な〜にも試合の流れも見てないし
な〜にも考えてないんですよ
まあ こんな事ばっかりしてるから 野村に
「あいつには何のオーラも感じんね」
て 言われるんですよ

ということで 今日の試合は
どアホの元バッティングコーチと
もう完全に選手生命の終わってる1割打者の福留との
アホ終わりコンビで 負けました

本当にこのチームの膿のようなコンビですね。

Markのタイガース観戦記 4月22日 vsドラゴンズ 名古屋ドーム


                           タイガース          vs          ドラゴンズ
                               藤波                                  山井
現在9回裏                 10                                      4

あとアウト2つでゲームセットですが
今日も藤波 また7回投球数100球近くから もうむちゃくちゃです
全くストライクが入らず 集中力なく 4ー1で勝ってる試合 それと
自分の勝ち星までも全て自分から吐き出してしまい
ノーヒットで同点に追いつかれ またも勝ち負け無し
精神力とともに全くスタミナ無し こいつキャンプで一体全体何をしてたんでしょうね
いっつもこの辺りの 回・球数 になるとおんなじ事の繰り返し

結局この子は 7回までは投げられないということですね
先発の責任回数をセオリー的に7回と言いますが
それだけの能力がない人に希望的観測として投げて欲しいというのも
どういうもんでしょうね 希望的観測で勝負すると 絶対に良い結果は出ませんよ
能力が無いなら無いで できる事できるところまでをシッカリ仕事をさす
こういう割り切り方で人は使わないと  絶対勝負を落とします
結果的に そのあと打線が6点追加したから良いようなものの
いつもいつもそんなに上手くいくとは限りませんからね
だから 藤波の場合は投球数が100球に届いていなくても
6回限定で投げさす という配慮
言ったって まだ20歳の2年目 ルーキーに毛が生えたようなもんですよ
希望的観測は 逆に選手を潰してしまう恐れ有りです

ゴメスは今日も出塁記録を22と2ランホームランです更新しました
センター方向への素晴らしいホームランでした
当たりの止まっていたマートンにも最終回打席で1本出ましたし
しかし打線は大変好調ですね

明日はドラゴンズの先発が 川上 タイガースが メッセンジャー
どっちも たいして調子の良いピッチャーではないですよね
さあ 明日はどちらに軍配が上がるのでしょう
どちらのピッチャーも紙一重ですよ。

そうそう 試合は4ー10で勝ちましたよ。

Markのタイガース観戦記 4月20日 vsスワローズ 甲子園球場

 
                          スワローズ        vs         タイガース
                                 7                                 8

3番 鳥谷 絶好調!
4番 ゴメス 絶絶絶好調!
5番 マートン  絶絶絶不調!
ですが 今日もゴメスの5打点で逆転勝ち
ほんと 昨日といい 今日といい ゴメス恐るべし という感じですよね
5回に 満塁として走者一掃のタイムリー2ベースで3打点
6回にはランナー 1.2塁でレフトへ 2点タイムリー
これで今日5打点 この時点で8ー4と逆転し スワローズを突き放す活躍ぶり
まあ もちろんこれには 1番上本 2番大和の出塁率の高さがゴメスの
こういう結果を招いているのでしょうが そこに来て
鳥谷が ヒットも打ちながら キッチリと4ボールで出塁するという
鳥谷らしい働きも光っています
今のところ 打線に関しては非常に素晴らしい働きをしていますよね

しかし昨日の榎田といい 今日の岩田といい この両左腕
ほんと お話になりません 最悪と言っても良いでしょう
今日の岩田 やっぱり初回から2失点 そして2回にも1失点
5回には バレンティンにホームランを打たれ 都合4失点
今日は岩田だけでなく リリーフ陣もピリッとしませんでしたね
7回から出てきた 加藤 8ー4 と4点リードで出て来て
2アウトまで簡単にうち取りながら 続くバレンティンにホームラン
次の代打 田中にまたもホームラン これはもちろん投げた加藤も問題ですが
今日初スタメンで出てきていたルーキー 梅野のリードにも
かなり問題有り です
これで 8ー6です
そして 次は8回に出て来た 福原 1アウトから 飯原にまたもホームラン
この時は鶴岡のリードでしたが
これで 8ー7ですよ まあ後続は抑えたものの
やっぱり 3連投と ややお疲れ気味の感じは拭えませんでしたね
そして1点勝ち越しで最終回 ここはやはり 呉 昇垣
来日して初の 1点差での登板
この回は バレンティンにも回って来るという 最終回最大の見せ場ですよ

まず先頭 川端をセカンドゴロで1アウト
そして今日 2ホーマーのバレンティンです
初球 高めのストレートで空振り
2球目は 外の球がボール
3球目 外のスライダーで空振り
4球目 またも外のスライダーで空振り三振!
良く抑えましたよね
そして 代打ユウイチをセカンドゴロで 3アウト 試合終了!
来日初めて 1点差でのゲームを勝利に導きました
首の皮一枚での勝利でしたね でも勝負の世界は
1点差でも100点差でも勝ちは勝ち
そうです 勝負はどんは形でも最終的に勝てば良いのです
すなわち 「勝てば官軍 負ければ賊軍」ということですよ

しかし 納得がいかないのは あんな情けないボロボロのピッチングで
最悪の試合の流れで4失点し 5回で引きずり下ろされた
岩田が 5回の裏にゴメスの走者一掃のタイムリーで逆転したことにより
岩田が勝ち投手になったということですよ
そんなアホな ですよ
まあ試合終了後に ピッチングコーチの中西が岩田のことを聞かれ
真っ赤な顔をして
「もういつもいつも最悪のピッチング 何にも答える事なし」
とコメントしていましたが 全くそのとおりだと思いますが
それならなぜ こんな最悪のピッチャーを先発として使うのでしょうね
もちろん 岩田は相変わらず最悪ですが
そんな最悪のピッチャーを選択して 先発として送り出している
ピッチングスタッフやベンチの方がある意味 最悪なのではないでしょうかね
選手のせいばかりにしないで 自分達の選択能力の無さも
反省するべきではないでしょうか

野球というスポーツは もちろん野球だけではありませんが
監督がいて コーチがいて 所詮選手はその下でやっているわけです
基本的に結果は 全て監督 コーチに責任があるのです
負けたら選手のせい
勝ったら自分達の手柄 では選手はついて来ませんよ
やっぱり 何があっても 最終的に全責任は監督コーチが受け止めてやり
たとえ最悪のピッチングで負けたとしても 全責任は監督に有り!
そのぐらいの度量がないと チームなんかまとめてはいけません
これはスポーツの世界だけでなく
普通の仕事の世界でも同じ事です
人を使う というのは 本当に難しいし 大変なもんなんですよ
やっぱりそこらへんが 上手くいってるチームは強いですし
会社は儲かってるという事ですよ

まあ何にしても1点差ゲーム よくモノにしましたね
明日はお休み ゆっくり体を休め
来週からまた頑張って下さい
本当に お疲れ様でした。

Markのタイガース観戦記 4月19日 vsスワローズ 甲子園球場


                           スワローズ         vs         タイガース
                                石川                              榎田
                                  5                                  7

榎田が勝ったわけではないですよ
勝つどころか またいつもの最悪の榎田でした 3回途中までに
5失点 もうどうしようもない状態ですよ
キャッチャーは このあいだのジャイアンツ戦の時と同じ鶴岡
全く鶴岡の構えるところにボールは行かず 制球バラバラ
バラバラと言うより 投げる球 投げる球 全部ど真ん中
一体全体このあいだのジャイアンツ戦のピッチングは何だったんでしょうね
やっぱり ダメな奴はダメなんですね

相手の石川も 榎田のことをどうのこうの言えるようなピッチングではありませんでしたね
3回の裏ルーキー 梅野のツーベースヒットを皮切りに
大和タイムリー 鳥谷タイムリー ゴメスタイムリーで一気に 3得点
そして5回の裏 鳥谷をランナーに置いて 4番ゴメス
2ボール1ストライクから 石川の投げた やや外から内に入ってきた球をフルスイング
そのままレフトスタンドへ特大の 2ランホームランで同点
ゴメスの打った甲子園での初ホームラン
今日のゴメスは昨日と違い ただブンブン振り回すだけでなく
いつものゴメスに戻っていましたね
その中で出たホームラン これは価値がありますよ

しかし 石川も榎田とおんなじようなもんですわ
もうそろそろ 選手生命が風前の灯では
年齢に関係なく榎田も もうプロ野球選手辞めた方が良いんでは

6回の裏に上本タイムリー 鳥谷の犠牲フライで2点リード 7ー5
しかし こういう流れに持ち込めたのも
榎田の後を受けて出てきたリリーフ陣の頑張りですよ
3回途中から5回まで投げた 金田 こいつ全くのノーコンピッチャーなんですが
逆にそれが功を奏してますね なんせあんなノーコンピッチャー
打者は 狙いを絞れませんよ ボールボールと思ってたら
いきなりストライクを取る あれよあれよと言う間に抑えられてしまう
まあ こんな感じでしょうね
その後 6回加藤 7回安藤 8回福原 9回呉
金田から呉までランナーを出すものの 皆さん無失点でキチッと抑え込みました
こうやって見ると いかに榎田の球に球威 コントロールが無いかがわかりますね

でも今日は昨日と違い シッカリと打ち勝ったゲームでした
昨日はほとんど相手のミスで勝たしてもらったゲームでした
今日はシッカリとタイムリー有り ホームラン有りの
キッチリ相手を捉えて打ち勝ったゲームでした
榎田以外は ハラハラしながらも なかなか良いゲームでしたよ

ただ心配なのはマートンですね
あのジャイアンツ戦以来 ぱたっと当たりが止まりました
もともと 非常にムラっ気のある人ですから
気分が乗ると 手が付けられないくらい打ちますが
気分が乗らないと 全くやる気なし というタイプです
今日TVで見てても 打席の中で全く集中していないのが
丸わかり まあ今のところ 鳥谷 ゴメスが当たっているので
問題は無いですが
天才的な打者ではありますが 自分の気持ちをコントロール出来ないという
致命的な欠点がマートンにはあります
とにかく 気分の乗ってる時のマートンと
乗ってない時の差が 激しすぎるんですよね
まあ そのうちまた 打ち出すとは思いますが

2連敗のあとの2連勝 良い感じですね
でも本当に大事になってくるのは明日のゲームです
ですが そこへ来て 明日の先発
TVで明日の予告先発を聞いて耳を疑い愕然としました
明日の先発 誰だと思います?
もう 信じられませんが
あの      岩田     ですよ
本当に耳を疑いました
こんな奴 もう完全に終わり 忘れられた奴です
岩田に榎田とくれば この二人 ピッチャーとしての技術うんぬん以前の問題です
とにかく ハートが弱すぎるのです

まあ 明日も今日と同じく3回ぐらいまでに 5~6失点ぐらいはするでしょうね
こんな奴しかいないんでしょうか
まあ まだ今日の榎田は このあいだのジャイアンツ戦の出来をみて
先発させたのでしょうが 結局この有様
岩田なんか 投げる前から結果はわかっていますよ
こんな奴にただ飯食わして 金をドブに捨ててるようなもんですよ
プロ野球球団は ボランティア団体なんでしょうかね
なぜこんな奴 さっさと見切りをつけてほり出さないんでしょうね
ほんとこんな奴をプロの世界においておくと
これからプロになろうか というアマチュアに
「こんな奴でもプロでやっていけるんだ」
という 間違ったメッセージを送ってるようなもんです
ほんと ハッキリ言って 岩田は社会人野球でも通用しません
社会人野球で通用しないということは
草野球レベルということです
なぜ こんな奴がプロフェッショナルの世界にいるのか
ほんと 世界7不思議の1つに入るぐらいですよ
今日の試合のことよりも
岩田の先発のことを聞き もう愕然として
勝った試合も負けたような気がしてならないのは
僕だけなんでしょうか?
2011年のブログ

2011年のブログ
↑↑こちらをクリック↑↑

  • ライブドアブログ