2014年06月

Markのタイガース観戦記 6月18日 vsファイターズ 甲子園球場


                           ファイターズ       vs        タイガース
                                大谷                             岩田
                                  4                                 0

最も苦手なスピードボールに
手も足も出ず
完封負け

以上。     

Markのタイガース観戦記 6月17日 vsファイターズ 甲子園球場


                      ファイターズ        vs        タイガース
                            上沢                             藤波
                              3                                 4

12回の裏 2アウトから鳥谷ファーボール
新井良太ヒット
2アウト1,2塁で マートン
その初球 センターオーバーのサヨナラ打
相手はファイターズ 去年の交流戦でもマートンはクローザーの竹田から
サヨナラ打を放ちました
今年もまたまたマートンにさよなら負けのファイターズ
選手もベンチスタッフも 去年のシーンを思い出したんじゃないでしょうかね

でも本当は1ー1で8回の裏 1ー2で勝ち越し
後は9回オ スンファンが締めて終わるはずが
またまたオ スンファンのセーブミス
8回まで投げ切った藤波の勝ちを奪い去ることに
ハッキリ言って オ スンファンはパリーグ相手の投球は無理ですね
ストレート主体のピッチャーだけに パリーグの打者には
合わされてしまっていますよね
元々パリーグの打者はストレートとみると ガンガン振ってくる打者ばかり
もうこれで交流戦で3度のセーブ失敗ですよ
試合が勝ったから良いようなものの これで負けていたら
泣きっ面に蜂ですよ
選手のショックよりも 見に来ているお客さんは目も当てられませんよね
やはりオ スンファンには藤川球児ほどの球の威力 球威 切れ
どれをとってもかないませんね
こうしてみると 藤川球児がどれほど凄いクローザーだったかということが
ここにきて証明されたということですか!

ただ良く勝ったものです
勝負はどんな手を使おうと 勝てば良いのです
勝てば官軍負ければ賊軍!
それだけです。

Markのタイガース観戦記 6月15日 vsライオンズ 埼玉スタジアム


                          タイガース        vs         ライオンズ
                      メッセンジャー                      野上
                                8                                 1

今日は 5回の表に飛び出た緒方のスリーランホームランで
勝負あり!

今日のメッセンジャー キャッチャーが藤井ということもあり
大学出のアホボンの時とは違い イライラも無く
8回投げて13奪三振と良い時のピッチングでした
ひょっとして今季 アウェイでの初勝利ではないでしょうか? (たぶん)
とりあえず 今日は快勝といったところでしょうか

そんなことより 今朝ワールドカップ 日本vsコートジボワール戦がありました
前半16分過ぎに本田のシュートで先制するものの
後半 すぐに失点 結局追いつくことも出来ず
2ー1で負け
これで相当苦しい展開になりましたね
次のギリシャ戦に負ければ 予選敗退という最悪の結果になるわけですが
僕はそうなると予想しますね
ザッケローニは 攻めて攻めて攻め抜くサッカーで勝つと言ってましたが
今日の試合を見ていても そういうサッカーを
完全に相手側にされていましたね
前半後半とボールを支配しているのは ほとんどがコートジボワール側で
ず〜と防戦
恐らく次のギリシャ戦で終わりです 日本に帰って来ることとなるでしょう
とにかく決定力がなさすぎですよ
アナウンサーも「良いところまでいっているんですが」と言ってましたが
勝負の世界 一万回良いところまでいっても得点出来なければ
何の意味もありません

やはり世界の壁は厚い ということですよね
勝負の世界は 野球もサッカーも甘くはないですね

野球選手の皆さんもサッカー選手の皆さんも
暑さに負けず 頑張ってください。

Markのタイガース観戦記 6月14日 追伸

 
さきほど 能見のことでエース云々と書きましたが
ハッキリと言っておきますが
タイガースの左右先発ローテーションピッチャーの中には
誰一人として エース などと呼べるピッチャーはいません
もし いたならば こんな勝敗になっていないでしょう

以上。

Markのタイガース観戦記 6月14日 vsライオンズ 埼玉スタジアム


                           タイガース         vs          ライオンズ
                               能見                                菊池
                                 2                                    3

ただの糞試合 ただそれだけです

ああ 1つだけ
マスコミや世間では 能見のことを何かしらあれば
エース エースと言っていますが
ハッキリ言って 能見はエースでも何でもありません
エースはこんな負け方を絶対しません
今日で5勝5敗
要するに今季0勝
こんなエース 聞いたことありません
ましてやエースは 得点してもらった次の回に失点など絶対しません
要するに能見は ただの三流ローテーションピッチャーというだけのことです
エースピッチャーとは 勝ちをキッチリ計算出来るピッチャーのこと

世間の皆さん それにマスコミの皆さん
エースでも無いピッチャーをエースエースとはやし立てるのは
もうやめましょう。
2011年のブログ

2011年のブログ
↑↑こちらをクリック↑↑

  • ライブドアブログ