vs日本ハムファイターズ

今年初めての甲子園観戦はナイター vs日ハムでした
タイガースの先発は能見 日ハムは谷本(ハッキリ言って全然知りません)
観戦していた場所が3階アルプス席でTVで観戦するような感じで
球のコースや制球力などがハッキリと見えないので
どのようなピッチングをしているのか分からないものの
真横から見ている分 球の速さは良く解りました
TVのように細かい事はあまり良く分かりませんが やっぱり
生の球場 生で見るピッチャーの球 打球の行方など やっぱりTVで見るより
やっぱりダイレクトで生々しく 頬に伝わる独特の浜風が心地よく
やっぱり超満員の甲子園は素晴らしいの一言です!

ところで試合の方はというと 先発の能見 とりあえずはランナーを出しながらも
4回まではシッカリと試合を作り上げていきます
片や谷本もシッカリと低めに制球し タイガースの打者に的を絞らせず
シッカリと抑えていきます
試合が動いたのは5回 日ハム先頭打者の大引が2ベースヒットで出て
ネクスト金子がバントで3塁へ送り1アウト3塁とし
キャッチャー大野がセーフティースクイズで難なく1点先制されてしまいます
その後キッチリと抑えるものの とにかく相手の谷本を攻略出来ません
そして 1点ビハインドでついに9回の裏最後の攻撃 相手ピッチャーは
日ハムの守護神 武田久 ただ一緒に行っていたヒロシとも話していたのですが
「もし 何か起こるとしたらこの武田の時やで」なぜなら
確かに 最近の武田抑えてはいるもののとにかくランナーを良く出すのです

そしてとんでもないドラマがこの9回の裏に待ち受けていたのです
先頭の早打ちで定評の浅井 ここはシッカリと見て入ります
2ストライクと追い込まれ 確か4球目高めに入って来たストレートが
見ている感じではグリップに当ったように見えたのですが
これが デッドボールの判定 タイガースサイドとしては超ラッキー!
すかさず 栗山が猛抗議 しかし審判のジャッジは覆るどころか
栗山退場のコール 球場は割れんばかりの歓声!
ネクスト藤井はバントでランナー2塁
ネクスト桧山 インコース気味に入って来たストレートを引っ張って
1,2塁間を抜くヒット!
これで1アウト1.3塁 そしてネクスト 西岡  ここはやはり西岡の顔が物を言いました
バッテリーエラー! ついに1ー1同点に追いつきました!
結局西岡は敬遠で1アウト1.2塁  そしてここ20数打席ヒットなし
ついでにバントも失敗ばっかりで何の役にも立っていない 大和
どのような気持ちでバッターボックスに立っていたのか
思いは色々でしょう
2ストライクと追い込まれ武田の投げた低めのストレートをグランドに叩きつけます
打球はグングン跳ね上がりショートの大引が補給するのが精一杯の内野安打!
やったね大和 嬉しかったと思います
これで1アウト満塁!ネクストは鳥谷
もう球場のボルテージはMAX 僕もヒロシももう鳥谷で決まりサヨナラ勝ち
いや 僕たちだけでなく球場全体がそう確信しての鳥谷
これが 初球に手を出し浅いフライ これではランナー還れません
2アウトとし ここでマートン おそらく球場中が 「マートン 決めてくれ!」
と 誰も彼もがそう念じていたと思います
もう球場は異常なまでの盛り上がりです
なんせ 延長にでもなったらまた何が起こるか分からへんし
また帰りも大変な事になるし何が何でもという思いの中で球場中が凄いムード
そして いよいよマートンがバッターボックスヘ
初球振っていってファール その後もファールとボールでカウント2ボール2ストライク
そして武田の投じたアウトコースへのストレート
マートン打ちにいく!そしてその打球は球場の全てのタイガースファンの思いをのせて
グングン伸びで右中間真っ二つ!
やりました‼‼ マートン!全てのタイガースファンが待ち望んでいた
サヨナラ打サヨナラ勝ち‼ もう球場は狂喜乱舞!
しかしこんなドラマが待ち受けていようとは
1ー2タイガースのサヨナラ勝ちで幕を閉じたわけですが
やっぱりこの回武田のときにこのようなドラマが待ち受けていました

帰って来てから録画を見直しましたが
やはり 浅井のデッドボールは完全にグリップエンド 審判の誤審でした
それとマートンが勝負を決めダイヤモンドにいたランナー達がベンチに戻ってくる中に
大和の姿がアップで映し出されていました
その目にはただただ 涙 誰かをはばかる事も無く男泣きの大和が
映し出されていました その気持ち良く分かります
しかし 裏返すとそこはプロフェッショナルの世界
そのぐらいの事で涙を流しているようなメンタルで生き抜いていける世界ではありません
逆に言うとそのようなメンタルだから何十打席もヒットが出なかったり
バントを失敗したりするのでは?
でも その気持ち 良く理解出来ますよ ただただ嬉しかったんでしょう
これが昨夜の甲子園観戦の全貌です まあしびれるような とはこのような事を言うんでしょうね
こんな試合に遭遇できた事を何よりも ヒロシに感謝です
また 誘って下さい 皆さんもたまには甲子園球場に足を運んで見ては
想像も予期もしない興奮が待っているかもしれませんよ
                                                                      1日遅れの甲子園観戦記でした

そして今日はデーゲーム 藤浪くんの登板
そして日ハムからは大谷がライトで先発スタメン
多くは書きません
1回の裏5連打で一挙6点を相手武田勝からもぎ取り
2連勝 ちなみに藤浪くん大谷にはヒット2本打たれました
本人の弁
「ホームランにならなくて良かったです」やて
結局試合は1ー7で快勝 やっぱり昨日の9回の攻撃が
そのまま1回の攻撃に現れ日ハムはその勢いを止める事が出来なかった
と いう試合でした         あゝ疲れた
明日はお休み また火曜日に                         バハハーイ