ドラゴンズ        vs          タイガース

                バルデス                            能見

                    1                                  2


ヒット3本での勝利です

一本は5回裏の原口のホームラン

もう一本は 誰が打ったか覚えていません

もう一本は 代走荒木を2塁に置き代打高山

バルデスの初球のストレートをセンターへ

打球はグングン伸び センター大島の頭上を超える

タイムリー2ベース       これだけです

そして9回ドリス 1アウト2,3塁とピンチを迎えるも

松井がバントを上げてしまい ファーストフライで2アウト

ドラゴンズとしてみれば 最大の同点もしくは勝ち越しの

チャンスでしたが   こうなってしまうんですよね

そして代打高橋が空振り三振で ゲームセット


しかし ヒット3本での勝利というのもあまりというか

はっきり言って見た事ないですね

まあ これも今のチーム状況がこうさすのでしょうか......


ところで今日の能見ですが 初回から飛ばしていました

球の切れといい  コントロールといい 申し分なしでした

能見の生命線のインコースのストレートも決まりまくっていました

5回に原口のホームランでとりあえず勝ち投手の権利を

そして6回もキッチリと閉めたものの

結局7回に捕まってしまい 同点にされてしまいます

確かに今日の能見 4~5年前の頃のピッチングに値するようなピッチングでした

しかし僕は思いますが あの頃の能見なら完封してしまうぐらいの勢いでしたが

やはり問題はスタミナです

去年ぐらいから 5,6回ぐらいまではスッといくんですが

7回あたりで崩れるんです

はっきり言って 能見は6回肩です

今日も結果はわかりませんが 6回でスパッと替えても良かったと思いますね

なんせ以降のリリーフが非常に状態が良いので 僕は替えるべきというか

能見は最初から6回に と決めて登板さすべきだと思います

その方が 能見自身も割り切って目一杯のピッチングができると思います

金本さんどうでしょうか   その方が能見のためになると思いますがね


しかし ドラゴンズのバルデス たった3安打で負け投手とはね

なんと運のないピッチャーなんでしょうね


それにしても

ほんま おもろないゲームでした。