試合の駆け引き

試合には駆け引きがありますよね
試合中はもちろんの事
試合が始まる前からもあります

昨日の試合 何を思ったのか 突然金本が5番に上がりました
そして あのタイガース打線苦手の 杉内から
3安打1タイムリー1打点
1回の表に 杉内から先制タイムリーを打ち 1点をもぎ取りました

昨日の新井 いつもとおんなじスカスカのクルリンパ

そして今日 僕は絶対金本が4番を張ると確信していたのに
幕が開けば 又今日も5番です
僕は少し呆然としました「嘘やろ 何で又あのアホが4番やねん!」
まして 今日の先発内海には天敵のような存在なのです 金本は‼
点の入らない 息づまった 重苦しい試合で 内海
ことごとくやられてるんです この内海
今まで 何度マウンドに崩れ落とされた事か 金本に

試合前 スターティングオーダーを 見た時に 金本が4番に入っているのを見たとき
ジャイアンツベンチ そして投げる本人内海にどれだけプレッシャーを与えたでしょう
ましてや前日 3安打1打点と非常に良い状態の金本です
しかし 現実は 又あのアホが4番でした そして又もやNOヒット
金本はきっちり2安打です
ジャイアンツサイドは 4番金本でないのを見て ホッとした事でしょうね

これは 確実に言える事ですが 金本を4番で出していても絶対良い結果が
起こるとは限りません しかし少しでも 相手の嫌がる事を仕掛けていくのが 勝負事です

野球は心理戦なんです
特にピッチャーは 少しの心の揺らぎでやられてしまいます
試合が始まる前から戦いは始まっているのです
その辺の 微妙な勝負勘が監督の采配に求められるのです
そういう事が 誰かが言うてる「1点を確実に取り1点を守り抜く野球」
に 繋がっていき 勝ち星が増えていくのだと僕は思うのですがね
違うかね!  ね~   和田君。